出会い系アフィリエイトの作業記録20180120

2018年1月20日。出会い系アフィリエイトを再開して79日目だ。

このサイトでやるべきことはまだまだ結構あるのだが、第2の停滞期という感じだ。
原因を考えてみると、やっぱりすでにかなりの文字を入れちゃったからかなあ。

数えてみると、この2か月半で500,000文字をメインブログに入れていることは確かなようだ。
1,000文字で1記事なら500記事分。2,000文字で1記事なら250記事分だ。

ブログ開設後3か月経たないうちにこれだけ書いて、まだまだネタがあるのだから、俺のネタ出し方法はある程度正しいのだろうとも思った。

本日の出会い系アフィリエイトのやり方における学び

今日は出会い系アフィリエイトで5,600文字書いた。

出会い系アフィリエイトを開始して100日経ったら、おそらくほぼ全ての記録が「きょうは きじを かきました」になってくると思う。

これは経験上そうなる。
理由はいくつかあるが、「必要だと自分で気づける範囲の改善」というのがそのあたりで出尽くすというのがひとつ。

たとえば、「このプラグイン入れたほうが見やすいかも?」「キャッシュ化して爆速ブログにしたい!」「この広告配置がベスト?」などなど。

こういったものを、一通りやり終えてしまうのが100記事or100日程度というのが今までの感想だし、今回もそうなりそうな感じがしている。

なので、100記事を超えたあたりから、これまでのノウハウをまとめた記事を出していこうと思っている。

例えばだが、「2018年の出会い系アフィリエイトに向いたWordpressテーマは?」とかね。(俺がSimplicity2(このブログのテーマ)と賢威7(公開しているメインブログのテーマ)の2つを使っているのは一目瞭然なのだが、実はサブサイトや他のジャンルのサイトで結構な数のテーマを利用中である)

あとは、「サイト公開している出会い系アフィリエイターがガチでおすすめするASPは?」「記事数と報酬の目安は?」とか。
出会い系アフィリエイターってあんまりサイト公開しないよね。まあ、恥ずかしいもんな。

しかしこのブログを見てくれる人のほとんどは出会い系アフィリエイターだろうし、そうでなかったとしても多分アフィリエイターではある。
だから「こいつ実際やってるのか?」「ほんとに稼いでるヤツの話なのか?」とかはかなり気になるよね。(俺も気になる)

なので、できれば3か月以降も収益公開記事はちゃんと書きたいなあと思っている。
儲けている奴の話なのか、それとも脳内アフィリエイターの話なのか、わかるように。

飽き性なので約束はできないけど。

本日の出会い系アフィリエイト作業

・出会い系攻略 2記事 DONE(1記事目で2,700文字、2記事目で2,900文字)
・出会い系攻略 ネタ出し×2つ DONE

【明日のアフィリエイト作業予定】
・出会い系攻略 2記事
・出会い系攻略 ネタ出し×2つ

【気になっていること、対応予定】
・出会い系攻略:「新規取得も実は中古ドメイン」のドメインパワーの増え方(継続課題)
・出会い系攻略:「タグ」および「カテゴリ」整理
- 1.個別説明を入れる 2.削除や集約を実施する
・恋愛商材レビュー:コンテンツ(特に評価)の見直しと内部リンクの充実
・恋愛商材レビュー:ペラサイト群の完成(あと5枚)
・出会い系レビュー:放置サイトの評価は加筆修正(文章量の増量方向リライト)で上昇し始めるのか否か?もし上昇しない場合にはどうするか?(継続課題)
・出会い系レビュー:被リンク整理

【目標】
・出会い系攻略は、2018/4/30までに300記事 ※現在:147記事(長文の記事分で+19)
・時間割に沿って、1日2記事5,000字以上を書く

【利益予想と撤退ライン】
・アフィリエイト全体で、2018/4/30までに30万(最低ライン15万、未達成なら撤退)
・アフィリエイト全体で、2018/10/31までに100万(最低ライン50万、未達成なら撤退)

-----
蛇足ですが、この弱小ブログを見てくださっている奇特な方のために書きます。

出会い系アフィリで一番稼げるのは言わずと知れた「PCMAX」ですが、ココは公式サイトとの直接契約が一番報酬単価が高く、儲かります。

※ 私は高い単価をもらえている今でこそ某クローズドASP経由でやっていますが、最初は直接契約でした。承認率も良心的です。

ただ、出会い系は、アフィリエイト用に登録しておくだけではダメです。

読者はきちんと利用しているのかどうかを敏感に察知しますので、出会い系アフィリは出会い系を利用し尽くさないと儲からないです。

※ 実際、優良出会い系を使い倒してガチで200人以上に会い、月間発生30万を1年以内に達成しました。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする